日々目に映るもの ひとりごと 気まぐれフォト日記

   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
鹿児島・坊津
4月3日鹿児島・大浦亀ヶ丘(標高387m)より東シナ海を臨む。
遠くに見えるのは同じ陸続きの薩摩半島


ここはハングライダーのメッカだとか。海際に干拓地が見える

山つつじの色が鮮やか。亀ヶ丘にて。

亀ヶ丘から秋目に向かう途中たらの芽発見。
海風があたりこんな所になぜ?と思うくらい
つわぶきが群生しているのも見かける。


坊津・秋目の鑑真記念館近くより。
ここは学生時代キャンプしてた頃から
好きな場所。あまり観光化されておらず
その当時と海の色も変わっていないようだ。


笠沙の木場商店(新鮮な魚屋さん)に向かう途中
リアス式海岸が続く。


思わず海に入りたくなる。

ずっと変わらないでいて欲しい。この色。

坊津は入り江により様々な表情があったことを思い出した。

帰り道。加世田・万世にて。
ここは昔、特攻隊の飛行場(飛び地)だった場所。


黄色いルピナス。
前に肥料になるとか聞いた事があるが。
あちこちに植えられていた。
 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>